愛知県岡崎市の不妊治療・体外受精専門のARTクリニックみらい

〒444-2134
愛知県岡崎市大樹寺2-2-2

0564249293
24時間365日対応

〒444-2134
愛知県岡崎市大樹寺2-2-2

24時間365日対応
0564249293
24時間365日対応
0564249293

卵管開通手術(FT)後の妊娠

<症例>
体外受精では妊娠継続に至らなかったが、卵管開通手術(FT)後、人工授精にて妊娠継続に至った39歳

<経過>
36歳ご結婚。結婚後半年、自宅交渉にて自然妊娠したものの残念ながら初期流産。その後1年半、自宅で努力するも妊娠に至らず。
結婚して2年が経過、38歳で当院を受診する。子宮卵管造影にて右卵管が造影されず。その他男性因子など明らかな異常は認めず。まず人工授精から治療を開始。左右複数排卵をめざして排卵誘発を行い4周期挑戦したものの妊娠に至らず。
38歳という年齢からもステップアップを考慮、受診後半年で体外受精に挑戦となる。卵巣刺激ののち4個採卵(うち成熟卵3個)、体外培養して胚盤胞となった1個を凍結保存。翌月融解胚移植し妊娠が成立したものの残念ながら再び初期流産となる。
諸事情ですぐの体外受精再挑戦は難しく、しばらく人工授精などで妊娠を目指すことに。片側卵管閉塞があったため、その前にFT(卵管鏡下卵管形成術)を行うこととする。日帰り手術にて、右卵管の閉塞を開通、左もクモの巣状癒着を剥離し内腔を拡げることに成功!その周期、右からの排卵を確認しつつ5回目の人工授精に挑戦し、見事に妊娠!!その後の経過も順調で当院産科へ紹介、まもなくご出産の予定です。

<症例からのメッセージ>
妊娠できるかどうか、それは確率の問題、巡りあわせです。時に巡ってくる運命の卵子(染色体異常のない生命力のある卵子)を、いかに妊娠に結びつけるか。
この方は、過去自然妊娠した実績があるように、自然に妊娠できても不思議のない方でした。しかし、自宅での2年間、当院での人工授精、また体外受精でも、残念ながら妊娠継続には至りませんでした。年齢の上昇、また卵管障害により、妊娠の確率が下がっていたと思われます。
妊娠継続し出産にまで至る運命の卵子は、数ある排卵卵子のうちの一部です。その割合は個々によって異なり、その割合が、体外受精での妊娠しやすさ、と言ってよいでしょう。全ての方に同じように言えることですが、年齢の上昇と共にその割合は低下します。35歳を超えると低下速度が加速し、40歳を超えると運命の卵子はごくごく一部となってしまいます。これに男性因子、卵管因子が加わると、力のある卵子が高率に作られていたとしても妊娠の確率が低下します。これらすべての因子を総合したものが、一般治療を含めたいわゆる妊娠しやすさ、となります。
今年に入って新たにFT(卵管鏡下卵管形成手術)を導入、より自然な妊娠を願って症例を重ねてきましたが、この治療の威力、また卵管の重要性を実感しています。卵管造影、通水の後に妊娠率が上昇することは皆さんもよく知る事実ですが、卵管内を超極細カメラで覗くことで、卵管のダメージ、クモの巣状の癒着などがいかに多く存在するか(造影で通過を確認できた卵管であっても)、改めて知ることができました。
今回、卵管手術の周期に即妊娠し継続できたことはたまたまの偶然ですが、卵管を拡げたことがこの方の妊娠確率を大きく高めたのでしょう。それにしても見事なチャンスゲットで印象に残りました。

FT手術の詳細、費用は以前の通信をご覧ください。体外受精は不妊治療の最終手段でありその威力は絶大ですが、最後は卵子の力次第、限界もあります。FTは、やはり一般治療での妊娠も期待したい方、原因不明の若い方、クラミジア感染既往や内膜症のある方、卵管の通過があやしかった方々には、妊娠確率を高める期待の治療と考えます。

(来年から高額医療制度が変更となり、収入により個人の負担金がさらに減る方、また増える方もいます。別途ご案内いたします。)

トップへ戻る